カスタムリチウムイオンバッテリーパックはいつ充電する必要がありますか?

カスタムリチウムイオンバッテリーパックはいつ充電する必要がありますか?

リチウムイオンバッテリーはいつ充電する必要がありますか?
充電に関しては リチウムイオン電池、ほとんどの人が通常非常に混乱していると感じる多くの側面があります。 たとえば、彼らはそのようなバッテリーを充電する必要がある適切な時期を理解していません。 これは、何年にもわたって議論の余地があるトピックのXNUMXつです。 リチウムイオン電池を使い切ったら充電する必要があると考える人もいます。 言い換えれば、バッターを充電する必要があるのは、バッターが排出された後だけです。 一方で、使わなくても充電できると思っている方もいらっしゃいます。

リチウムイオン電池をいつ充電するか考えていますか? これを行うことができる適切な時期を理解することが、そのようなバッテリーを最大限に活用するのに役立つことを知っていますか? この問題については、過去に多くの提案があった可能性があります。 ただし、リチウムイオン電池が最大限に機能するようにするには、どちらがより好ましいかを理解する必要があります。 そのような情報をどこで見つけることができるかを見つけることを試みる必要はありません。 この投稿では、リチウムイオン電池とその充電時間について知っておく必要があるすべてのことを説明します。

カスタムリチウムイオンバッテリーパック16

カスタムリチウムイオンバッテリーパック16

リチウムイオン電池とは?
これらのバッテリーが非常にうまく機能するために必要な充電時間についてすべてを説明する前に、それらが実際に何であるかを知っていることが重要です。 リチウムイオン電池 充電式電池の一種です。 過去に使用されていた電池の種類は、充電式電池ではありませんでした。 代わりに、あなたはそれらを一度だけ利用することを意図されており、その後、それらはリサイクルのプロセスを経ます。 これらはすべて、リチウムイオン電池の登場で変化し始めています。 それらは、デバイスとシステムが最高の状態で機能するのを助けるために再充電することができます。

リチウムイオン電池の人気は、現時点では限界を知らないようです。 たとえば、ほとんどの電子機器で使用されていることは別として、それらは現在、自動車システムの不可欠な部分になりつつあります。 実際のところ、専門家は、今後2年間で、生産される自動車の80%以上にリチウム電池が搭載されると予測しています。

これらの進展から、リチウム電池は従来のガソリンやディーゼルを冗長化し始めていると言えます。 手頃な価格であるだけでなく、環境にも優しい製品です。 最後に、最適なパフォーマンスを得るために必要なメンテナンスは少なくて済みます。

リチウムイオン電池をいつ充電するか
現在リチウムイオン電池を使用している場合は、充電の適切な時期について混乱していることは間違いありません。 次のヒントは、理解を深めるのに役立ちます。

高温のとき
リチウムイオン電池は場所の温度に強く影響されることをご存知ですか? 高温にさらされると寿命が短くなることをご存知ですか? 簡単に言えば、リチウムイオン電池は、温度が高すぎると思われる場所にさらされると長持ちしません。 常に20〜250℃の範囲の温度の部屋に保管することをお勧めします。 これにより、可能な限り長く機能するようになります。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、温度が非常に高い場合、リチウムイオン電池は常に予想よりも早く放電する傾向があります。 したがって、温度が上記の温度よりも高い場合はいつでも充電してください。 これにより、期待どおりに機能することが保証されます。 肝心なのは、涼しい場所に保管する必要があるということです。

バッテリーのアクティブレベルが下がったとき
これは、ほとんどの人が通常それを間違えるところです。 すべてのリチウムイオン電池にはアクティブレベルがあります。 これは、予想される時間、デバイスに電力を供給できるポイントです。 たとえば、バッテリーが14.2で「完全に充電された」ことを示すと予想される可能性があります。 ただし、使用せずに最大13.0まで自動的に放電できます。 これは、そのような時点で充電する必要があるという意味ではありません。 このようなバッテリーは、アクティブレベルの13.0を下回った場合にのみ再充電できます。

バッテリーをできるだけ長持ちさせるために過度の充電は推奨されないため、これに注意することは非常に重要です。 リチウムイオン電池は信頼できるかもしれませんが、アクティブレベルがあります。 それがあなたの携帯電話が完全に充電された後に100%を保つことができない理由です。 代わりに、アクティブレベルである95%に低下します。

95%を下回ったら、充電するのに適切なタイミングです。 リチウムイオン電池のアクティブレベルについて混乱している場合は、購入する前に質問することをお勧めします。 これにより、より安全な側にいることが保証されます。

液漏れがない場合
液体が漏れているリチウムイオン電池を使用したことがありますか? これは非常に危険で生命を脅かす可能性があることをご存知ですか? リチウム電池が液体を生成する場合は、充電しないことをお勧めします。 これは、そのような液体があなたの健康に非常に危険である可能性があるためです。

そのような時点で行う最善のことは、それを処分してすぐに別のものを購入することです。 これは、子供が液体に触れないようにするために非常に重要です。 このようなバッテリーからの液体の取り扱いに関しては、決して注意しすぎることはないのは当然のことです。 あなたの側の過失は費用がかかることがわかります。

肝心なのは、液漏れの兆候がない場合にのみリチウムイオン電池を充電できるようにすることです。 これ以外のものは、できるだけ早く廃棄するようにしてください。 充電しようとさえしないでください。

カスタムリチウムイオンバッテリーパック14

カスタムリチウムイオンバッテリーパック14

結論
上記のヒントは、リチウムイオン電池を充電できる適切な時期になると非常に役立ちます。 したがって、そのようなバッテリーをできるだけ長持ちさせるために、後者に従うようにすることをお勧めします。

カスタムリチウムイオンバッテリーパックの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 中国カスタムリチウムイオンバッテリーパックメーカー JBバッテリー https://www.lithiumbatterychina.com 詳細はこちら

この投稿を共有


en English
X