カスタムリチウムイオンバッテリーパックの通常の寿命はどれくらいですか?

カスタムリチウムイオンバッテリーパックの通常の寿命はどれくらいですか?

カスタムリチウムイオンバッテリーパックの通常の寿命はどれくらいですか?
というのは疑いようのないことだ リチウムイオン電池 デバイスやアプライアンスの機能を向上させるためにどのように役立ったかを考えると、これは完全な革命でした。 これらは、最近、エレクトロニクスの世界に打撃を与えた最高のイノベーションのXNUMXつです。 それらの機能性のために、ほとんどの企業が近い将来それらをより多く利用するであろうことを予測することは非常に簡単です。 これは、彼らの人気が現在よりも高まることを意味すると簡単に解釈できます。

問題は、ほとんどの人がこれらのバッテリーの寿命を本当に知らないということです。 実際、これは何年にもわたって議論の対象となっているトピックのXNUMXつです。 これは、リチウムイオン電池が何年にもわたってどのくらいの期間続くと予想されるかに関して、専門家がさまざまな意見を持っていることが証明されているためです。

リチウムイオン電池を搭載したデバイスを購入する予定ですが、その寿命について混乱しているようです。 これらのバッテリーはとりわけ信頼性が高いことをご存知ですか? この投稿は、リチウムイオン電池とその寿命についてのすべてを理解するのに役立ちます。 これは、以下の詳細を確認した後、それらがどのくらい続くと予想されるかについて推測する理由がないことを意味します。

カスタムリチウムイオンバッテリーパック22

カスタムリチウムイオンバッテリーパック22

彼らはどのくらい続くのですか?
リチウムイオン電池は、長持ちするという点で非常に信頼性があります。 たとえば、従来のリチウムイオン電池は最大3年間使用できます。 言い換えれば、それはドロップする前に最大36ヶ月続くことができます。 この場合、ドロップとは、完全に充電された後のバッテリーの電力または持続時間が減少することを意味します。 たとえば、72時間持続するように設計されている場合、そのようなバッテリー容量は、完全に充電されてから50時間に低下する可能性があります。 これが、バッテリーが使用できなくなるまで減少する方法です。 全体として、従来の電池はそれほど長持ちしないことを考えると、リチウムイオン電池は非常に信頼性が高いと言えます。

の寿命を決定する別の要因 リチウムイオン電池 その充電サイクルです。 ほとんどの場合、市場から入手できるバッテリーの充電サイクルは500回です。 これは、約500回充電されると、落下し始めることを意味します。

したがって、リチウムイオン電池の寿命について話すとき、通常500つの要因が考慮されることは明らかです。 これらは、年数と充電サイクルです。 バッテリーが3年の期間の前に約3回充電されるとき、それはまだ落ち始めます。 一方、500年になり、バッテリーがXNUMX回まで充電されないと、バッテリーは低下すると予想されます。 それが彼らが製造された方法です。

リチウムイオン電池について知っておくべきこと
リチウムイオン電池については、長持ちする傾向など、ほとんどの人が理解していないことがあります。 それらは常に一般的な規則に従う傾向があるため、それらを何に使用するかは実際には重要ではありません。 これは、使用されるかどうかに関係なく、それらがドロップするという事実です。 例えば、あなたが完全に充電されたとき、あなたはそれが蓄えた電力を利用しなければなりません。 そのようなバッテリーを使用しないことがその寿命を維持することになると決して考えないでください。 ほとんどの人が想定していることに反して、それは時間とともに消耗します。

注意深く観察すると、使用されていない間、非常に遅いペースで放電していることに気付くでしょう。 そのようなことは目立たないかもしれませんが、それは起こっています。 この場合、電荷を保持する能力は徐々に低下します。 専門家によると、これは元に戻すことはできない老化プロセスです。 上で述べたように、電力が減少し始めるため、予想される期間、製品に再び電力を供給することはできません。 肝心なのは、リチウムイオン電池を使用しないことは最善の選択肢ではないということです。 代わりに、低下し始めていない間は、ストレージ容量を有効に活用することをお勧めします。

リチウムイオン電池のメンテナンス方法
上で説明したように、リチウムイオン電池は最大2〜3年持続することは事実です。 ただし、何かがうまくいかない可能性があるため、これは決まったルールではないことに注意してください。 以下は、バッテリーがその期間に期待どおりに長く保持されるようにする方法のいくつかです。

部分放電サイクルの使用
これは非常に重要ですが、リチウムイオン電池を使用するほとんどの人は通常無視します。 再度充電する前に、バッテリーが約20%消耗していることを確認する必要があります。 これは、想像以上に寿命を延ばすのに役立ちます。 この理由は、このようなバッテリーを再充電するたびに、通常はXNUMXサイクルと見なされるためです。 したがって、再度充電する前に、かなりの量の電力を排出してください。

バッテリーの制限温度
ご存じない方もいらっしゃると思いますが、リチウム電池は温度の影響を受けやすいです。 温度を検出するように構築された充電器がありますが、それでも問題が発生する可能性があります。 これが、そのような手動で行う方法を考える必要がある理由です。 温度が0°Cに達しない場合は、リチウムイオン電池を充電しないでください。 これは寿命を縮めるためのレシピにすぎません。

大電流を避けてください
もちろん、リチウムイオン電池の充電に推奨される最大電流は220vです。 これ以上のものは、その容量に長期的な影響を与える可能性があるため、推奨されるべきではありません。 専門家は、電流が高すぎるとバッテリーにストレスがかかることを発見しました。 これは可能な限り回避する必要があります。

カスタムリチウムイオンバッテリーパック8

カスタムリチウムイオンバッテリーパック8

結論
以上のことから、リチウムイオン電池は他の電池に比べて信頼性が高く、使い勝手が良いと考える理由は十分にあります。 寿命を延ばすために、説明されているようにそれを保存するためのヒントを利用してください。

詳細については カスタムリチウムイオンバッテリーパック、あなたはに訪問を支払うことができます 中国カスタムリチウムイオンバッテリーパックメーカー JBバッテリー https://www.lithiumbatterychina.com/ 詳細はこちら

この投稿を共有


en English
X