カスタムメイドのリチウムイオンバッテリーパックの一般的な用途は何ですか

カスタムメイドのリチウムイオンバッテリーパックの一般的な用途は何ですか

カスタムメイドのリチウムイオンバッテリーパックの一般的な用途は何ですか
リチウムイオンは、今日の電力業界で流行語になっています。

科学者は1970年代に最初にリチウムイオン化学の使用を調査し始めましたが、最初の商用リチウムイオン電池が導入されたのは1991年まででした。

ソニー株式会社はその功績を認めています。

それ以来、 リチウムイオン電池メーカー 新しい化学物質をもたらし、エネルギー密度を高め、バッテリーサイズを縮小するという大きな進歩を遂げました。 これだけでなく、その汎用性を考慮して、リチウムイオン電池は幅広い産業や用途で使用されています。

カスタムリチウムイオンバッテリーパック20

カスタムリチウムイオンバッテリーパック20

ここでは、リチウムイオン電池の一般的な用途のいくつかについて説明します。
リチウムイオン電池の構造
リチウムイオン電池パックは通常、複数の電池が互いにリンクされたマルチセル構成です。

各セルにはXNUMXつの主要なコンポーネントがあります。XNUMXつはリチウムイオンを供給するカソードまたは正極です。 XNUMX番目はアノードまたは負極です。 一般にグラファイト製のアノードは、リチウムイオンを蓄積し、外部回路を流れる電流を制御します。

XNUMXつ目は、カソードとアノード間のリチウムイオンの輸送をサポートする液体電解質です。 最後に、リチウムイオン電池には、カソードとアノードを離しておくセパレータもあります。

リチウムイオン電池にはさまざまなバリエーションがあり、リチウムコバルト、リチウムマンガン酸化物、リチウム鉄リン酸塩、リチウムニッケルマンガンコバルト酸化物、リチウムニッケルコバルトアルミニウム酸化物、チタン酸リチウムが一般的に使用されている化学物質です。

リチウムイオン電池は、エネルギー密度が高い、自己放電率が低い、メンテナンスが少ないか最小限である、コンパクトなサイズと軽量な設計など、いくつかの理由で認知されています。

リチウムイオン電池の応用

多くの利点があるため、リチウムイオン電池はさまざまな業界で広く使用されています。

私たちのほとんどが精通しているのは、モバイルデバイスの電源として充電式リチウムイオン電池を使用することです。 これらには、スマートフォン、タブレット、ラップトップが含まれます。

充電式リチウムイオン電池は、非常用電源のバックアップオプションとしても使用できます。 操作の途中で停電が発生すると、深刻な結果を招く可能性があります。 たとえば、医療機器には一貫した電力供給が必要です。 停電は、不適切なシャットダウンによるデバイスの誤動作やデータの損失につながる可能性があります。 電源のバックアップとして、リチウムイオン電池は、マシンの機能を維持するか、少なくとも適切なシャットダウンに十分な電力を供給するのに役立ちます。

ポータブルエネルギー源として、充電式リチウムイオン電池を使用して、RV車やゴルフカートに電力を供給することもできます。 充電サイクルごとに適切な寿命と十分なエネルギーを提供するため、野生での休暇や友人とのゴルフゲームを検討している場合でも、信頼できる電力を確保できます。

リチウムイオンゴルフカートのバッテリー変換

リチウムイオンゴルフカートのバッテリー変換

ヨット、タグボート、スピードボートなど、多くの船舶でも、リチウムイオン電池が鉛蓄電池やガソリンに取って代わりつつあります。 バッテリーの軽量プロファイルは、水上にいるときに大きな利点になる可能性があります。 上記の用途に加えて、太陽光発電用のリチウムイオン電池の使用が増えています。

JBバッテリー、主要 中国カスタムリチウムイオンバッテリーパックメーカー さまざまな用途に適した長持ちするバッテリーを提供します。

この投稿を共有


en English
X