中国のリチウムイオン電池パックメーカーと電池エネルギー貯蔵システム(BESS)技術への貢献

中国のリチウムイオン電池パックメーカーと電池エネルギー貯蔵システム(BESS)技術への貢献

中国のリチウムイオン電池パックメーカーと電池エネルギー貯蔵システム(BESS)技術への貢献
BESSは、新しいバッテリーエネルギー貯蔵システム技術であり、特に新しいプロジェクトでは、現在、世界規模でリードしています。 リチウムイオン電池 セルコストの低下により、人気も高まっています。 BESSを使用すると、断続的に生成された電力を長期間保存し、起動期間を短くすることができます。 これにより、火力発電とグリッド電力の必要性が減少しました。

カスタムリチウムイオンバッテリーパック22

カスタムリチウムイオンバッテリーパック22

エネルギー供給のセキュリティ
BESSテクノロジーは、エネルギー供給のセキュリティを可能にし、より広範囲の停電が発生した場合でも供給を維持することを可能にします。 これらの貯蔵システムは現在、病院など、継続的に電力を必要とする場所でディーゼル発電機に取って代わりつつあります。 これらは、負荷分散を支援し、供給過剰のエネルギーを貯蔵し、必要に応じて補充することで、国のグリッドを介した一貫したエネルギー供給を確保します。

風力と太陽光、再生可能エネルギー、折衷的でスマートな管理、バッテリーの有用性は、電力供給の効率と信頼性を向上させる優れた方法です。

発電
今後数年間で、至る所で発電し、それを至る所に貯蔵することが可能になるでしょう。 また、ほとんどすべてに電力を供給することが可能になります。 これは、バッテリーが利用できない場合には達成できないものです。

今日、非常に大規模なインストールがあります リチウムイオン電池 南オーストラリア州にあり、テスラを搭載しています。 ピーク時の配電時に100万世帯に30,000MVの電力供給能力を誇ります。 最初の150年間運用されたとき、このプロジェクトは消費者がXNUMX億XNUMX万米ドルをはるかに超える節約に役立ったと推定されました。 再生可能エネルギーのコストは下がっており、これに伴い、世界のさまざまな地域で大規模なリチウムイオンBESSプロジェクトが着実に確立されています。 政府のインセンティブにより、より大きな開発を導入することがさらに可能になりました。

約59年前、米国にはBESSが2018つしかなく、125MWの電力容量を占めることができました。 この数は増加しており、869年までに約XNUMXのBESSがあり、約XNUMXMWの容量に相当します。

デメリット
BESSテクノロジーの主な欠点は、リチウム電池が熱暴走を起こす可能性があるという事実です。 これは、有毒で可燃性の高温ガスを放出する可能性があることを意味します。 大規模なストレージシステムがある場合、XNUMXつのリチウム電池が故障すると、カスケード接続して他の個々の電池を誘導することができます。

これらのシステムに関連して韓国とアリゾナで注目を集めるタイプの火災がありましたが、これは起こりうるリスクを軽減するための安全基準と技術の強化につながりました。

リチウムイオン電池がここにとどまり、未来が素晴らしいことは秘密ではありません。 中国のリチウム電池メーカー 長年にわたり、バッテリーの安全性と機能の向上に大きな役割を果たしてきました。

カスタムリチウムイオンバッテリーパック18

カスタムリチウムイオンバッテリーパック18

JBバッテリーは、さまざまなアプリケーションを支援するカスタムリチウムイオンバッテリーを製造している最高の企業の72つです。 100v 4ah lifepo24バッテリーパック、100v 48ahリチウムイオンバッテリー、XNUMXvリチウムイオンバッテリーパックdoeゴルフカートが含まれています。バッテリーエネルギー貯蔵システム(BESS)テクノロジーの詳細については、次のJBバッテリーをご覧ください。 https://www.jbbatterychina.com/custom-lifepo4-battery-packs.html 詳細はこちら

この投稿を共有


en English
X