OEMリチウムイオンバッテリーパック48Vを長持ちさせるにはどうすればよいですか?

OEMリチウムイオンバッテリーパック48Vを長持ちさせるにはどうすればよいですか?

OEMリチウムイオンバッテリーパック48Vを長持ちさせるにはどうすればよいですか?
という事実に疑いの余地はありません OEMリチウムイオンバッテリーパック 電子機器、自動車、その他のデバイス/アプライアンスの機能を変えることができました。 これらのバッテリーは、最近の信頼性の完全な定義であることが証明されています。 たとえば、OEMリチウムイオンバッテリーパックは、市場に出回っている従来のバッテリーと比較して長持ちするように作られています。 あなたはそれが5年あるいは7年まで続くことができることを知っていますか? ユーザーがバッテリーの寿命が最大10年であると証言した場合があります。

カスタムリチウムイオンバッテリーパック24

カスタムリチウムイオンバッテリーパック24

ここに大きな問題があります
上記を読んだ後、すべてのユーザーがOEMリチウムイオンバッテリーパックが提供することが知られている耐久性と信頼性のこの利点を体験できたわけではないことに注意することが重要です。 言い換えれば、一部の人々のリチウムイオン電池は期待どおりに長持ちしません。 もちろん、オリジナルのリチウムイオン電池を購入したかどうか疑問に思う可能性は非常に高いです。

真実は、あなたがしているいくつかのことのためにあなたのリチウムイオン電池が期待通りに長持ちしなかったということです。 この投稿は、そのような間違いを明らかにして、可能な限り回避できるようにすることを目的としています。 これらのヒントがOEMリチウムイオンバッテリーパックの寿命を延ばすのにどのように役立つかに驚かれることでしょう。

フル容量まで充電しないでください
リチウムイオン電池の寿命について質問することになると、これは依然として最大の容疑者の100つです。 このようなバッテリーをXNUMX%まで充電したいという誘惑に陥りがちです。 そうすることを奨励するチュートリアルがたくさんあります。 ただし、これは寿命が徐々に短くなることにつながるだけです。 ここで重要なのは、リチウムイオンバッテリーを最大容量まで充電しないようにする必要があるということです。 他の化学物質と比較して、リチウムイオン電池は高いフロート電圧に非常に敏感であるように見えます。 これにより、バッテリーの容量が徐々に減少します。

バッテリーの充電方法に注意を払うことが重要です。 言い換えれば、それが行っている進歩を見てみてください。 約80〜85%に達したら、充電プロセスを停止する必要があります。 これは、それがはるかに長く続くことを保証するのに役立ちます。

注意すべきキーポイント
•リチウムイオン電池を100%まで充電しないでください
•推奨される通常の充電率は80〜85%です
•リチウムイオン電池のフロート電圧は高く、高い

部分放電サイクルの使用
これは、OEMの方法に関して多くの人が罪を犯しているもうXNUMXつの落とし穴です。 リチウムイオン電池パック 充電後に使用する必要があります。 繰り返しになりますが、電力が約5%または10%に低下するまで充電されたバッテリーを使用することは、常に魅力的です。 多くの人が、この決定には何の問題もないと信じています。 真実は、そのような考え方は間違っており、バッテリーを長持ちさせない可能性があるということです。

常に行う最善のことは、バッテリーの約30〜40%を使用することです。 その後、上記で説明したように、約80〜85%まで充電します。 信じられないかもしれませんが、これはバッテリーを何年も健康に保つのに役立ちます。 バッテリーがゼロパーセントになるまでバッテリーを使用する人もいます。 これは、知らないうちに寿命を縮める可能性のある主要なアクションのXNUMXつです。 したがって、それが回避されるように可能な限り努力してください。

注意すべきキーポイント
•完全な放電サイクルは、リチウムイオン電池を破壊する可能性があります
•リチウムイオン電池は、0%になるまで使用しないでください。
•再充電する前に、常に40〜50%のみを使用してください

高充電および放電電流
リチウムイオン電池の寿命に影響を与える可能性があるかどうかなど、高充電電流と高放電電流について深刻な議論がありました。 この質問に対する簡単な答えは「はい」です。そのようなことは非常に可能です。 簡単に言えば、バッテリーが高充電および放電電流にさらされた場合、バッテリーは長持ちしません。 たとえば、通貨が12ボルトを超えると、知らないうちにバッテリーに負荷がかかります。 充電はしますが、重要な部品が破損するのは時間の問題です。

繰り返しますが、低電圧でバッテリーを充電することは避けてください。 電圧が低いことに気付いたときはいつでも、充電しないでください。 これにより、期待どおりに長持ちします。 真実は、リチウムイオン電池は強力で信頼できるかもしれないということです。 ただし、高電圧と低電圧によっても損傷する可能性があります。 繰り返しますが、彼らが充電されている電源は非常に重要です。 どこでどのように請求するかについては、メーカーの指示に従うことを強くお勧めします。

注意すべき重要事項
•低電圧はリチウムイオン電池を損傷する可能性があります
•高電圧によっても損傷する可能性があります
•推奨電圧が不明な場合は、メーカーにお問い合わせください

不利な温度
OEMの場所 リチウムイオン電池パック 適切な場所に保管されていないため、不利な温度の影響を受けやすくなります。 高温で最適な性能を発揮するという点で、これらのバッテリーが優れていることは間違いありません。 ただし、保管場所には注意が必要です。 研究によると、場所が極端に寒い場合、悪影響を受ける可能性があります。 このような場合、最低5時間かかるはずのリチウムイオン電池を3時間に減らすことができます。

寒い天候が他のバッテリーに影響を与える可能性があるのと同じように、リチウムイオンバッテリーでも同じです。 温度が320°C未満の状況では、パフォーマンスが低下することが予想されます。 このような状況で使用し続けると、最終的には寿命が短くなる可能性があります。

注意すべきキーポイント
•極度の高温はリチウムイオン電池には適していません
•寒い場所に保管しないでください

カスタムバッテリーパック

カスタムバッテリーパック

まとめ
上記の詳細から、リチウムイオン電池の全体的な寿命に影響を与えているように思われる多くの間違いが犯されていることは明らかです。 これらのバッテリーは頑丈に作られていますが、これらの問題を回避する必要がないという意味ではありません。

OEMの詳細については リチウムイオン電池パック48V、あなたはJBバッテリーチャイナへの訪問を支払うことができます https://www.jbbatterychina.com/china-48v-100ah-lithium-ion-golf-cart-battery-pack-with-bms-and-its-idealness.html 詳細はこちら

この投稿を共有


en English
X