最高のリチウム ディープ サイクル バッテリー メーカーの 48 ボルト リチウム イオン ゴルフ カート バッテリー パックへの切り替え

最高のリチウム ディープ サイクル バッテリー メーカーの 48 ボルト リチウム イオン ゴルフ カート バッテリー パックへの切り替え

最高のリチウム ディープ サイクル バッテリー メーカーの 48 ボルト リチウム イオン ゴルフ カート バッテリー パックへの切り替え

リチウムイオン電池 現在では人気が高まり、乗り換える人も増えています。 ゴルフカートをこれらのバッテリーにアップグレードしたい場合は、それらについてXNUMXつかXNUMXつ知りたいと思うかもしれません.

48 ボルトのリチウム イオン ゴルフ カートのバッテリー パックが推奨オプションです。 鉛蓄電池オプションの交換に使用できます。 48 ボルトのリチウム イオン ゴルフ カート バッテリー パックに切り替えると、すべてのメリットを享受できます。 正しい情報があり、適切な種類のバッテリーを選択していれば、このプロセスは簡単なものになります。

48ボルトのリチウムイオンゴルフカートバッテリー

48ボルトのリチウムイオンゴルフカートバッテリー

バッテリーのサイズは重要ですか?
切り替えを決定するときは、最良の交換となるバッテリーのサイズを考慮する必要があります。 48 ボルトのリチウム イオン ゴルフ カート バッテリー パックは、市場で最も人気のあるオプションです。 この種類のバッテリーを選択することで、既に設置されているバッテリー コンパートメント内に簡単かつ直接取り付けることができます。 正しい選択をすれば、トレイやコンパートメントを変更する必要はありません。 ドロップイン交換用バッテリーを選択することは、常に良い考えです。

考慮しなければならないもう XNUMX つのことは、問題のバッテリーのサイズ要件です。 の 48ボルトのリチウムイオンゴルフカートバッテリー 多くのゴルフカートと互換性があります。 多くの場合、バッテリーは直列に接続されているため、必要な電力を得るために簡単に拡張できます。 アンペア時間も考慮してください。
リチウム電池を使用する場合、必要な電圧を供給するために特定の数は必要ありません。 したがって、必要な走行距離を実現できるバッテリーを使用できます。 たとえば、ゴルフカートで最大 XNUMX 個のバッテリーを使用できます。

充電状態の決定
48 ボルトのリチウム イオン ゴルフ カート バッテリー パックを選択する場合は、充電状態を正確に判断できる燃料ゲージの購入を検討できます。 ただし、電圧ベースのゲージは、リチウム化学には最適ではない場合があります。 このため、メーカーは、接続されているすべての CAN からリアルタイムでデータを受信できる残量ゲージの開発に取り組んでいます。 このようなゲージは、残りのアンペア時間をパーセンテージで計算できます。 さらに、ゲージは操作サイクル中にさまざまなメッセージを表示します。 これには、使用可能なバッテリーの数、パーセンテージで表した充電状態、バッテリーが 20% 未満の場合、およびバンクが 10% 未満の場合が含まれます。

一部のメーカーは工夫を凝らしており、コンパートメントの横に外部リモート ボタンを含めています。 これにより、単一のボタンを使用して特定のシリーズのバッテリーを切り替えることができます。 燃料計とリモコンボタンは購入できますが、その場合はCANスプリッター用のケーブルも一緒に購入する必要があります。 ハーネスの長さに気をつけていただけると助かります。 取り付け位置とバッテリーコンパートメントの間の距離が一致していることを確認してください。

結論
48 ボルトのリチウム イオン ゴルフ カート バッテリーにアップグレードすることをお勧めします。 そうすることで、このテクノロジーに関連するすべての利点を含め、多くのことを得ることができます。 バッテリーがゴルフカートと互換性があること、サイズと機能が適切なサイズであること、および互換性のある充電器を入手することを確認してください。

48ボルトのリチウムイオンゴルフカートバッテリー

48ボルトのリチウムイオンゴルフカートバッテリー

への切り替えについての詳細 48 ボルト リチウム イオン ゴルフ カート バッテリー パック OEM の最高のリチウム ディープ サイクル バッテリー メーカーから、JB Battery China を訪問できます。 https://www.lifepo4golfcartbattery.com/product-category/48-volt-lithium-ion-golf-cart-battery/ 詳細はこちら

この投稿を共有


en English
X