カスタム72v100ahlifepo4バッテリーパックおよびその他のリチウムイオンバッテリーオプションの制限

カスタム72v100ahlifepo4バッテリーパックおよびその他のリチウムイオンバッテリーオプションの制限

カスタム72v100ahlifepo4バッテリーパックおよびその他のリチウムイオンバッテリーオプションの制限
多くのリチウムイオン電池タイプが市場で入手可能です。 72v 100ahlifepo4バッテリーパック。 適切なテクノロジーを使用すれば、必要に応じてさまざまなアプリケーションに電力を供給できるため、これは大きな利点です。 一部のバッテリーは、電流の点で高密度です。 これはそれらを電子機器のための良い選択にします。 他のものははるかに高い電流レベルを持っているので、電動工具や電気自動車に最適です。

リン酸鉄リチウム電池に関連する多くの利点にもかかわらず、理解されるべきいくつかの制限がまだあります。 このような不利な点は存在しますが、それを軽減または克服して優れたパフォーマンスを実現できないという意味ではありません。 欠点を理解することで、問題を回避し、設計を変更して欠点を減らすことが簡単にできます。

制限事項

カスタムリチウムイオンバッテリーパック28

カスタムリチウムイオンバッテリーパック28

保護
他の技術と比較して、リチウムイオン電池は頑丈です。 これは、過充電や過度の放電から保護する必要があることを意味します。 また、電流を特定の制限内に維持することも重要です。 このため、最も安全な動作限界内にとどまるように保護回路を含める必要があります。

集積回路の最新技術により、管理回路が含まれている場合、保護はバッテリー内でかなり簡単に行うことができます。 リチウムイオン電池は、特別な知識がなくても使用できます。 それらは充電するために残しておくことができ、いっぱいになると供給が遮断されます。

高齢化
これは別のことです リン酸鉄リチウム電池メーカー よく知っている; これらのバッテリーは経年劣化の影響を受けます。 これはカレンダーまたは時間に依存します。 バッテリーの持続時間に影響を与える多くの放電サイクルのようないくつかの要因もあります。 ほとんどの場合、バッテリーは、容量がなくなる前に約500〜1000回の放電サイクルに耐えることができます。 テクノロジーが導入されたことで、この数字は上昇しています。 確かに電池の交換が必要な場合があります。 そのようなバッテリーが機器に埋め込まれた場合、問題が発生する可能性があります。

注意すべき点のXNUMXつは、リチウムイオン電池は使用されているかどうかに関係なく経年劣化することです。 時間に関連する制限もあり、これは容量の減少につながります。 部分的に充電して涼しい保管場所に保管すると、寿命が大幅に延びる可能性があります。

交通
これも大きなデメリットです。 ほとんどの航空会社は、リチウムイオン電池を特定の時間に輸送することを制限しています。 これが、輸送が主に船で行われる理由です。 多くの場合、飛行機での旅行中、リチウムイオン電池は機内持ち込み手荷物の中に入れる必要があります。 これは、セキュリティの位置によって時々変わる可能性があります。 ある特定の時間に許可されるバッテリーの数は、多くの場合制限されています。

カスタムリチウムイオンバッテリーパック3

カスタムリチウムイオンバッテリーパック3

リチウムイオン電池を個別に持ち運ぶ必要がある場合は、保護カバーを使用して短絡から保護する必要があります。 JBバッテリーは、リチウムイオンバッテリーに関連する制限を理解しているため、バッテリーの製造には最新の進歩と技術が適用されています。 市場には72年以上の歴史があり、100v XNUMXahバッテリーパック、 ゴルフカート用48vリチウムイオンバッテリーパック、24v 100ahリチウムイオン電池、12v 105 ahリチウムイオン電池およびその他のバリエーションは、メーカーから快適に購入できます。

この投稿を共有


en English
X